2020/02/03

着実に、確実に。






どうも真田です。

1月も終わり早くも2月に入り1月25日の旧正月も過ぎた所である。時の流れが加速している為、感覚がない人ですら地球の変化を感じられるのではないだろうか?サロンでも連日のセッションをこなしていく上では、やはり霊的世界を確りと頭に入れて頂きたい。現状の不満や環境、生まれた意味や刈り取るべきカルマ。自身の人生に何が起こっているのか?知ろうとしない姿勢もまた疑問を覚えて仕方がないのは事実としてある。人間の心の悩みは基本的に、『自身の魂を知る事』で解決してしまう。その魂を成長を妨げるのはエゴ・欲・権力・地位・名誉である事は既にお伝えしている通りである。真田が説くのは精神性や人類としての在り方、個々の意識の在り方など5次元以上の話にはなるが、この世が仮想現実だという事を改めて認識しておいて頂きたい。今日は死後の行先について触れていく事にしよう。

死後の行先の様々なケース例

・霊界(5次元)へ確りと上がる者

・物質界(3次元)で未練があり憑依、浮遊などの悪霊・未浄化霊となる者

・アセンションにより原始的な地球に戻る際に消される者

・今生でのカルマの刈り取りや未練を残し、新たな環境へ輪廻転生をする者

・星から生まれ、使命、役目を終えて星へ帰る者

・大神様を目指し死後も波動を上げていく者

上記の他にも様々なパターンがあるだろうが例として上げておく。通常、人間が3次元の物質世界での学びを終え、死を迎えると霊界という場所へ行きそこに住む事になる。ここが5次元であり、大概の霊魂がいるべき領域となるのでブログの読者様は徳を積んで、今生を悔いなく確りと楽しみ、せめて5次元へ帰還して頂きたい。地球は絶えず変化し、それに伴い地球に存在する生命も変化している。宇宙人やUFO達も、これから起こる地球の変化に一目を起き人類との積極的なコミュニケーションを図って来ている事から令和元年とも宇宙元年とも捉える事ができる。今までの固定概念とは全く異なる、人類が未だかつて経験した事がない事象や現象が起こる得る中に『今、生きている。』という事実を改めて認識し、魂が求める方向へ早め早めにシフト(変化)し流れに乗って頂きたい。真田がエネルギーワークにて解放を急ぐのも、この文章で納得して貰えれば幸いである。

周辺波動を上げるべく、高次元・異次元へのチャネリングを再開する事にする。『危険なワークは避けなさい。』と真田の守護霊よりある様に、二極化は予想以上に早く進んでいると感じる。