2020/05/06

激動・変化の時代へ加速


どうも真田です。

GWの様子を見ていると、先ず目を向けているのは自然災害です。

本日は集中ゲリラ豪雨で関東地方も激しい雨が降り、それに伴って気圧の変化も著しく起きています。近年、気圧の中心が更に低気圧でくるものですから湿った空気の割合が増している様に思えます。これから屋内の湿度も上がってくる季節ですから、加湿は緩めドライなどで調整していきたい所です。あまり湿度が高いと睡眠の質に影響してしまいますから、湿度計40%〜50%の間が宜しいかと思います。

次に千葉県沖付近を震源とする地震が連日起きている地震ですが、昨日と一昨日と夜間帯を中心に震度3〜4が発生しています。これは房総半島と九十九里浜付近にあるフィリピン海プレートの断層によるものですが防災科学技術研究所によれば、例年ゆっくり滑る「スロースリップ」という現象があり、東日本大震災の際も予兆としてこのスロースリップ現象が発生していて巨大地震の一つの要因として考えられている様です。いずれも防災意識は常に持っておいた方が身の為ですね。

またコロナウィルスの感染者数の減少に伴う緊急事態宣言の解除を巡り、政府は段階的な規制緩和を検討している状況でありますが、先日記載した記事にもあるようにウィルス自体は何も目新しいものでもないに関わらず、なぜこれだけの数に上ったのか?という点が今後、身体の健康や免疫力について再度考えるキッカケになっていると思います。通常の免疫力であれば8割が軽症で治ってしまうコロナですが、要するに「疲れすぎ」や「働きすぎ」に加えて日頃の「フラストレーション」など免疫力低下の一つの大きな要因となっていたのではないか?と考えています。感染は仕方ないとしても地球で暮らす人間がどれだけ不健康な状態で生命活動を行っていたかという視点もあるのではないかと思っています。これからは更に栄養素や食事、健康、免疫力、身体のバランス、心のバランスなどは重要視されてくる事は間違いなさそうです。

自然現象も同時に動いていますから、引き続き広い視野でいましょうね🌸自粛とはいっても家から全く出ないのは現実的ではないですから、上手に氣を晴らし地球と共に歩んで生きましょう🌏✨